トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯根のう胞について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 10 月 07 日 10:12:15

回答先: 歯根のう胞について 投稿者 いかこ 日時 2000 年 10 月 02 日 02:19:38

 掻爬(そうは)した方がいいのではないか?と思います。

 根尖病巣とは、歯の根の中の細菌の影響で、根の先で歯の回りに出来
た病変を総称して言います。嚢胞であることはむしろ少なく、少し膿が
溜まっているとか、不良肉芽(にくげ)であることが多いです。

 レントゲンで見ると嚢胞の場合は、境界が明瞭で比較的丸く写ります。
レントゲンだけでは断定は出来ませんが。
 嚢胞でも嚢胞でなくても、根尖病巣は根管の中が原因なので、基本は
根管治療です。根治で症状が改善すると根充(こんじゅう)を試みるの
ですが、根充後また、腫れが発生する場合もあります。書かれているよ
うな状況のことです。
 嚢胞がある程度大きいと、根治のみでは不十分なことがあります。不
十分の判断としては、一旦根充しても腫れてきたしまった場合等です。

 よって、掻爬するか…と担当医は考えたのでしょう。
 根治で治るかも知れませんが、一旦引いてきたが根充したらまた腫れ
てしまった、やれやれ後戻りか…ということもありますし、掻爬の方が
良い気がします。
 嚢胞の大きさや場所にもよりますが、横向きの親不知の抜歯より簡単
なことも少なくありません。
 術後少し腫れることもありますが、体力のあるときに治療すれば
それ程心配は要りません。

 もう少し、根治してみた上で、掻爬にしてもいけないわけではありま
せん。回数は増えますが。

             ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                はせがわ歯科医院
                 長谷川 千尋♂
             愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
             tel052-441-1423 fax052-443-6082
            http://www2.ecall.co.jp/dental.html
              e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.