トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

何が原因?助けて!

投稿者 あすか 日時 2000 年 9 月 30 日 12:19:58
ご相談します。
7月に、昔治療し、金属を入れていた右下の奥歯が冷たいものに対する知覚過敏を起こし、それに伴って、4年前からカクカクしていたあごがひどくなり、こめかみに痛みを生じたので、最寄りの歯医者に行きました。
診断は虫歯の進行でした。神経を触るほど深いモもので、これ以上悪くなると、神経を抜いた方がいいとのことでした。
一度治療を終えたものの、一週間後、知覚過敏が再び起こり、また歯医者に行きましたが、神経に障っているので、神経がきちんと再生するまでは、痛みがあるとのことで、個人差はあるがそのうち消えると言われ、治療せずに終わりました。
9月に入り、冷たいものだけでなく、熱いものに対しても知覚過敏がひどくなってきました。でも、先生の話から、もう少し様子を見ていたら、あごが重くなってきたので、先日、再び訪ねました。
かみ合わせに問題があるかも知れない。ということで、治療した奥歯とその上の奥歯を少し削りました。でも、知覚過敏がひどくなりました。
1週間後に予約を入れましたが、右のこめかみから治療した歯の下あたりのあごまで痛みが強くなり、また2日後に訪ねました。
今度は、上の歯(犬歯の横)にホルダー(正式名はわからない)を作り、上の歯と下の歯に隙間をつくってかみしめられないようにしました。食事と寝るときははずして良い。これで症状がどう変化するのか、2日後に教えて欲しいとのことでした。2日後というのは、休院日があるからです。
でも、だんだん症状は悪化。痛みが嘘のように無くなるときと、あごの関節をはずされたような、こむらがえりを起こしたような、何とも言えない激痛が起こるときがあります。
痛み止めも出して貰えず、がまんできないので、口腔外科のある歯医者に状況を説明して、レントゲン写真を撮って貰ったところ、
治療した歯は神経ぎりぎりのところまで掘っていて、親不知が真横に生えて、上に出てこないので、親不知が横の歯を押して、ずれて治療した歯を圧迫して、過敏になった神経に障るのではないか。
また、あごのずれを以前から持っているので、それによるものではないか。
と、考えられるが、前の歯医者さんがかみ合わせ調節で歯を削ったりしているので、こちらで下手に手を出し、また問題が生じるといけないので、機械のそろった大学病院に行かれることをおすすめします。
ということでした。
前の歯医者でも、大学病院の話が出ていましたが、遠くて不便で、困っていました。
この痛みはひどくなるばかりで、何とかして欲しいと訴えて、食後の痛み止めをいただきましたが、あまり楽にはなりません。
今は、こめかみ、耳の奥と下、あごの痛みと、のどが腫れて、扁桃腺が腫れたときのような不快感があります。
痛みが始まると、10分間は続きます。
とにかくこの痛みを何とかして欲しい!
月曜日には2件目の歯医者で、痛み止めの薬で様子を見た後、大学病院の紹介状を書いて貰えそうなのですが、それからでも、大学病院には火曜日以降しか行けません。
つらくて、それまで堪えられるかどうか・・・。
どうしようもなくて、投稿してみることにしました。
たすけてください!


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.