トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 奥歯の治療について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 9 月 22 日 16:07:23

回答先: 奥歯の治療について 投稿者 西村 25さい 日時 2000 年 9 月 13 日 16:49:38

 今されている治療は「根管治療」といいます。
 歯の中心部は管になっていて、根の先から神経や血管が入ってきてい
ます。この管の中の組織を「歯髄」といいますが、一般には歯の神経と
言っています。
 一般的な呼び方でここでも一応神経と呼ぶことにしますが、神経の管
は奥歯で3〜4本あります。3〜4本というのは<幹>の部分のことで、
実際には「側枝」といって細い枝がいくつか〜無数にあります。

 器具で治療するのは、幹の部分だけです。
 神経を取ると言っても幹の部分だけです。枝の部分は器具は入りませ
ん。ではどうするのかというと、幹の部分だけでもきれいにすれば、幹
からの薬剤が染みこんだり、乾屍して問題とはならなくなり、めでたく
冠を被せたり差し歯に出来るのです。

 ところが、たまに、枝の部分が比較的太かったり、複雑だったりする
と、枝の神経が生きていたり、薬剤が届かず菌が残り続けるということ
が起きます。
 幹の神経は確かに取ってきれいになっていても、枝の神経が残ってい
るという状態もあるのです。また、歯の中は枝の神経も「乾屍」しても
歯の根の先に炎症が残っていると、歯の周りの、骨や「歯根膜」には神
経はあるので、当然痛みが出てきます。
 髪を切っても痛くありませんが、引っ張ると痛いのは、髪の根の周囲
は当然神経があるからです。

 通常は何事もなく順調に治癒に向かうことが多いので、「きれいにな
っている」とか、「神経は取った」とか言い切っているのですが、たま
に予後が悪い歯にぶち当たりますと、患者さんには矛盾に思われてしま
うこともあるでしょう。

 対応としては、辛抱強く繰り返し、根の中の消毒を続けるしかありま
せん。仮詰めをして暫く触らず様子を見るということもあります。


             ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                はせがわ歯科医院
                 長谷川 千尋♂
             愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
             tel052-441-1423 fax052-443-6082
            http://www2.ecall.co.jp/dental.html
              e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.