トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 他に良い治療法は?

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 9 月 20 日 10:25:52

回答先: 他に良い治療法は? 投稿者 かずや 日時 2000 年 9 月 13 日 11:36:55

 勧められたのは、両隣の歯を被せてブリッジにすると言う方法です。
 ごく一般的な方法です。ただ、状況によって、神経を取らないことも
あります。健全な歯を削るのは確かに抵抗はあります。
 裏側だけ削ってブリッジにしてみたこともありますが、うまく行くこ
ともありますが、脱落することもしばしば見られ、やはり被せる形が予
後は良好のようです。
 被せたら即、その歯が弱くなったりするわけではありませんので、上
手に手入れをすれば、それはそれで長持ちさせることは可能です。

 では、他の方法はと言うとあと3つあります。
 1つは、部分入れ歯です。その一本分だけの入れ歯にすれば、余計に
削らずに済みます。
 欠点は、維持に利用するワイヤーが少し見えると言うことと、取り外
しが面倒、噛む力はやや劣ること、34歳にして入れ歯をいれるという
イメージが悪い…等です。

 2つ目は、インプラントです。抜歯したあとに人工の歯を入れるもの
です。うまく行けば天然歯とほぼ同様の見た目や噛み心地も可能です。
 欠点は、残った骨の状況により、出来ない場合、出来ても歯の形がや
や大きくなってしまう場合、最終的に入るまで数ヶ月かかること、保険
外であり高価なこと…等です。
 インプラントはまだ、導入している医院の方が全体的には少ないと思
います。

 3つ目は、歯の移植です。
 たまたま、あっても役立っていない親不知があって、前歯の幅に収ま
る大きさであれば、親不知を抜歯して前歯のところに植え、その後差し
歯にする…ということも出来なくはありません。歯の形が違いますが、
削って差し歯にするので(移植した歯のみ)形は何とかなります。
 もちろん、親不知が無いと出来ませんし、あっても十分機能している
場合は抜歯できませんし、親不知を利用するのは、失敗する可能性もあ
るので仮に失敗しても良いように親不知を利用するのです。

ブリッジが最もポピュラーと言えますが、もう一度よく主治医とご相
談下さい。


             ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                はせがわ歯科医院
                 長谷川 千尋♂
             愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
             tel052-441-1423 fax052-443-6082
            http://www2.ecall.co.jp/dental.html
              e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.