トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療の時の麻酔について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 8 月 29 日 10:16:32

回答先: Re: 治療の時の麻酔について 投稿者 原田 日時 2000 年 8 月 25 日 19:50:39

 関係あることもあるし、そうでないこともあるでしょう。
 下顎が僅かでも左右にずれているとしたら、そちら側が重
くなりますから頭が僅かに傾きます。
 すると首も少し曲がって釣り合いをとろうします。
 しかし付着している筋肉は頭や首が曲がった分、余分に支
えたり引っ張ったりしないといけないので、それで余計に使
う部分は凝りやすくなります。

 ただ、歯がずれているようで実は顎はずれていないかも知
れません。
 歯だけでははっきりしません。舌の筋などとも比較してみ
ないと分かりません。
 良く噛む方に顔は曲がってきたりします。それにより肩が
片方上がったり下がったりします。

 ずれを3ミリ戻して肩こりが消えたら、それはそのことが
原因だったと言えますが、容易に3ミリ噛み合わせをいじる
ことは困難です。
 ひとまず左右均等にガムを噛むのが良いと思います。

          ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
              はせがわ歯科医院
               長谷川 千尋♂
          愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
           tel052-441-1423 fax052-443-6082
         http://www2.ecall.co.jp/dental.html
            e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.