トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 金属アレルギー

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 8 月 13 日 15:32:31

回答先: 金属アレルギー 投稿者 natsu 日時 2000 年 8 月 02 日 10:16:22

 後回しになってしまい、申し訳ありません。
 金属アレルギーについては、存在はほとんどの歯科医が認知している
もののしっかりした対応となると一般開業医では困難なことが多いので
出来れば歯科大学付属病院や医科大学附属病院歯科口腔外科ないし総合
病院の歯科口腔外科等を受診されることをお勧めします。近在のかかり
つけ歯科医から紹介して貰うと良いでしょう。

 もし、口の中の金属がごく一部でしたら、その可能性がはっきりしな
くても試しに外してみることにしても良いでしょうが、何本もあったり
高価なものだったりすると簡単には行きません。

 金属イオンは微少なためにそのままではアレルゲン(原因物質)には
ならず、金属イオンにより変質したタンパク質がアレルゲンになります。

ある大学の報告によると、金属アレルギー患者であってもその半数は歯
科用金属ではない…そうです。

 その皮膚科医は、どの程度の根拠で歯科用金属と言われたか分かりま
せんが、とにかくまずきちんと診断する必要があります。金属イコール
歯科用合金ではありません。
 硬貨、眼鏡フレーム、アクセサリー、鍋、自転車、ゴルフクラブなど、
ほかによく触れる金属も考慮する必要があります。また、皮製品、洗剤
、化粧品も注意が要ります。

 まず、どんな金属に反応ししているか調べます。パッチテストという
ものがあります。この試薬に金属シリーズというものがあり、背中など
に48時間貼ります。この間は入浴は禁止、汗をかくことはしないなど
の条件が要り、夏場はやや困難なこともあります。これにより何らかの
金属の反応があるか見ます。
 次に、口腔内に入っている金属の成分分析をします。成分分析をする
装置がありその指示に従ってわずかに金属をこすり取ります。冠や詰め
物を外すことなく調べられます。
 これにより、パッチテストでの反応金属が出た場合、その金属を除去
していくわけですが、いろいろ問題があります。
 まず、金属は表面のものばかりではありません。土台のものもありま
す。神経を取った後に詰める根管充填材には亜鉛が含まれており、もし
亜鉛が引っかかったら根の治療からやり直しになります。
 また、現在入っているものに結構費用が掛かっている場合も除去する
ことになりますし、保険等でよく使用されている金属が引っかかった場
合、原因でない金属(チタン等)やセラミックにする場合、たくさんあ
るとかなり費用が掛かることになります。
 
 それから、やってみた結果、結局効果がなかった…ということもあり
うると理解して行わなくてはなりません。実際には最終的に入れる前に
プラスチックの仮歯で3ヶ月位までは様子を見て、だめなら元の金属に
戻す…ということもあるわけです。

 金属が何本にも及んでいる場合は症状の程度と比べて、原因の可能性
があってもそのままにする…ということもあるでしょう。

 他に、浄水器やアルカリ水生成機から出てくるという場合や、寝てい
る場所のそばに太い電線がある場合等、思いも寄らない原因も聞いたこ
とがあります。
 ちょうど症状が出始めた少し前に何か新しく、浄水器を買ったとか、
ベッドの真横に大型の電気製品を置いたとか、化粧品を変えたとか、健
康食品を始めたとか…何かその時期に始めたものは疑う余地はあります。

 鉄は赤血球にに必要ですし、亜鉛は成長促進に、銅はエネルギー代謝
に、クロムは糖代謝に、コバルトは造血作用に関係しています。金属は
微量ながら栄養素でもあります。
 身体によいとして摂取している、健康食品、化粧品、浄水器を疑う理
由はここにあります。摂取に最適な状態でその物質が含まれているとは
限らないのです。

 アレルギー反応を起こしにくくする…という対応も必要です。私はこ
こでよく書いていますが、短時間睡眠、うつ伏せ寝、口呼吸、良く噛ま
ないこと、冷たいものの取りすぎ等は、免疫の働きを悪くしてしまいま
す(東大口腔科西原講師による)。ここでは詳しい理屈は省きますが、
該当している場合その改善なくして良い結果は得られにくいでしょう。
 学生さんのようですが、成長期に激しい運動のやりすぎで且つ、睡眠
時間を削っていると皮膚の病変は出やすいです。皮膚科の医師は言わな
いでしょうが。

 後段ですが、私も小中学校に検診に行きますが、はっきり言って校内
では正確に全ての虫歯をチェックすることは出来ません。肉眼によって
分かる範囲内です。しかも電気も暗いし、大勢診ないといけないのでど
うしても見落としはあり得ます。
 よって虫歯だとすれば、検診時もすでに虫歯は分かりにくい場所に存
在したと思われます。
 しかし、知覚過敏の場合もあるので診てみないと虫歯とは断定できま
せん。
 歯茎を切るかどうかは、そこに虫歯があって邪魔ならそう言うことも
しますが、それほど心配するようなことではありません。

 長くなりましたが、虫歯の疑いがあるのでまず近在の歯科医院に行き、
金属アレルギーのことも話し、最寄りの口腔外科に紹介した貰ってくだ
さい。虫歯で強度的に本当は金属で詰めなくてはならなくても、ひとま
ずはっきりするまではプラスチックを詰めることになるでしょう。


 
                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.