トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯ぎしり

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 8 月 03 日 09:16:15

回答先: 歯ぎしり 投稿者 ともみ 日時 2000 年 7 月 31 日 10:21:38

 Q&Aにも書いていますが、なかなか歯ぎしりそのものを止めること
は出来ません。
 ストレスとは、すぐ思い浮かべるような精神的ストレスのみならず、
姿勢や何らかの身体の使い方が力学的にストレスになっているかも知れ
ません。

 実際には、歯ぎしりそのものは仕方ないとして、歯ぎしりによる歯の
異常な摩耗や噛む筋肉や顎への負担を軽減するために、軟性樹脂などで
マウスピースを作ると良いと思います。
 歯ぎしりするような顎の動きは出ても、マウスピースがクッションに
なり歯の摩耗は避けられます。一緒に寝ている人に迷惑も掛けずに済み
ます。
 下顎の動きを固定するのではなく、上下どちらかに入れてよく滑るよ
うにします。
 この辺は、歯科医によって多少考え方が異なることもあります。

 また、うつ伏せ寝や横向きでもうつ伏せ傾向の寝方は止めるように心
がけます。枕を低くないし無しで仰向けに寝るようにしてください。顔
が押さえつけられるような姿勢は音がしてなくても歯や顎に負担が掛か
っています。
 寝る前にいろいろなストレッチをすると良いようです。
 睡眠時間はあまり短時間にならないように、できればいつも8時間以
上ねて骨休めを十分にするようにすると良いでしょう。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.