トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

親不知抜歯後の下唇麻痺が回復しません

投稿者 桑原 日時 1998 年 10 月 13 日 15:17:34:
27才の家内のことで御相談させて下さい。

昨年10月に開業医で親不知(右下奥)を抜歯しました。
抜歯後、下顎の右半分と下唇の右半分が麻痺する
症状が出ました。

その後、大学病院で治療を受けまして投薬の結果
抜歯後2〜3ヶ月で下顎の感覚はほぼ回復しました。

ところが1年たった現在、下唇の麻痺が未だに回復していません。
多少でも下唇の感覚が戻るきざしがあれば、長い目で回復を待てるのですが
最近では麻痺する部位が固定されてしまった感じで
このまま回復しないのではないかと心配です。

身体が疲れたときは、涎が口の端から垂れているのではないかという
感覚に襲われることもあると申しております。

現在の状況を付け加えますと、麻痺は自然に回復すると認識しており
歯科医等への通院はしておりません。また神経回復によいとされるビタ
ミンEは毎日ではありませんが、時々投薬しています。

ここで質問なのですが

・下唇麻痺の回復に要する期間の個人差や性差は大きいのでしょうか?
(通常遅くとも半年〜1年以内で回復すると聞いております。また
 女性の迷走神経は細く傷つきやすいとも聞いております)

・時間がたてば誰でも回復するものなのでしょうか?

・抜歯時に使用した麻酔が(1年たったいまも)神経に作用しているということはありませんか?

・神経が回復不能な損傷を受けている可能性があるのでしょうか?

・よいリハビリの方法があるのでしょうか?

・規則的な通院または投薬をするべきでしょうか?

・歯科以外に適当な診療科があるのでしょうか(神経内科など)?

そのほかアドバイスやコメントが頂けましたら幸甚です。
どうぞ よろしくお願い申し上げます。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.