トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 痛みをしのぐ方法について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 7 月 19 日 23:04:26

回答先: 痛みをしのぐ方法について 投稿者 ユリ 日時 2000 年 7 月 18 日 21:42:40

 薬をのみたくないと言うことですが、過去に何かひどいアレルギー
か何かあったのなら別ですが、何ヶ月も何年もというわけではないの
で「痛みを何とかしたい」と感じる程度あれば、のんだ方がいいので
はないか?と思います。
 薬の副作用をいたずらに怖がる必要はないと思います。

 と、一応は申し上げましたが、過去に何か問題があったか、どうし
ても気になると言うことで、他の方法ですが、なかなか難しい質問で
す。
 1つには、鍼灸医学でのツボ刺激です。
 最も有名なのは合谷(ごうこく)と言って親指と人差し指をくっつ
けて、盛り上がった真ん中の部分を人差し指の方に指圧します。ここ
は妊娠中(予定日過ぎを除く)およびその可能性のある時期は禁忌で
す。他に、
 下関 鬢(びん)のところを下にたどって凹んだところ
 大迎 噛みしめたときにふくらむ筋肉の前で下顎の縁のすぐ上
 頬車 下顎の角からすぐ噛む筋肉の方に入ったところ
 肩井 背骨と肩の端との中央
 
 このあたりを指圧します。
 この場所に関係なく、肩首が凝っていたら良く揉んでほぐします。
 
 とにかく良く骨休めをすることです。8時間は当然、痛いうちはで
きれば9〜10時間横になると早く治ります。

 痛み止めと指圧とどちらが聞くかと言えば、当然痛み止めです。

 
                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.