トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 虫歯の治療について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 7 月 17 日 00:06:47

回答先: 虫歯の治療について 投稿者 raskal 日時 2000 年 7 月 16 日 01:50:02

: 最近、7,8年ぶりに歯科に通い出しました。
: 検診の結果、虫歯が7,8個あるらしく、

 歯の衛生週間の、日本歯科医師会の広告に「虫歯でもないのに歯科医院に通う人が増えています」というものがありました。虫歯ができてしまってからでは今でも削って代わりのものを詰めたり被せるしかないのです。よって、予防や早期発見のために定期検診を勧めた広告です。
 7〜8年ぶりといわず今後は毎年検査して欲しいものです。

: 症状は軽いみたいですが、全部銀色の詰め物をしないといけないと言われました。
: 症状を悪化させないという目的もあるのでしょうが、

 金属を詰めるのは、噛む力に抵抗できる材質だからです。奥歯は強い力が掛かるため、通常、保険の材料では銀色の金属が適応します。

: もともと銀色の詰め物が5個ほどあるので、このままでは口の中が
: 銀歯だらけになってしまいます。
: 現在24歳の男ですが、あまりこのような状態になるとみっともないので、
: 正直言って避けたいです。

 虫歯になってしまったのですから仕方がないと思います。

: 何かやたらと歯を削られて詰め物をするのもどうかと思いますが、

 別に必要のないところまでどんどん削っているのではありません。

: もっと良い治療法というものはないものでしょうか?

 虫歯には自然治癒力がないのです。病気になっても何とか自分の免疫力で戻すことはできます。でも虫歯だけは一旦なってしまったら、それ以上広がらないように除去するしかありません。
 ただ、ごく初期の虫歯(繰り返しますがごく初期です)は、良く磨いたり、アパタイトの利用でそれ以上に進まなくできることはあります。ハードレーザーで固定すると言う方法もあるようです。

 よって、最初に戻りますが、定期検診が大切になります。
 削るのは仕方ないとして、銀色が嫌なら、プラスチック材とかセラミック材の詰め物も選べます。プラスチックは弱いので削る量が狭い範囲である場合に限れます。セラミックは保険が利きません。

 良く、主治医とご相談下さい。

                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.